薪ストーブ

ダッチウェスト

触媒方式・非触媒方式、鋳物製・鋼板製と多彩なラインナップが特徴

人にとって心地のよい暖かさ。
それは、最新のテクノロジーを駆使したダッチウエストの薪ストーブだから。

伝統的なスタイル、優雅なスタイル、どれを選ばれても末永くお使いいただける製品ばかりです。
触媒方式・非触媒方式、鋳物製・鋼板製と多彩なラインナップが特徴です。

ダッチウエスト製品の品質は、素材と職人技とによって極められました。
鋳物部品の組立は熟練工による手作業で行い、材料には高価な鋳鉄をふんだんに使い、炉用セメント、耐熱ペイント、真鍮などもすべて一級品を使いました。考えに考えぬいて設計された、世界に類を見ないコンベクションシステムです。ダッチウエスト・ストーブは、アメリカ人から見たとき、何よりもストーブに対する“バリュー・フォア・マネー”が一番優れていました。
バリュー・フォア・マネーとは、価格に対する顧客満足度が高いということです。

当時他社は、たとえば不可欠な部品までオプションにして、本体価格を少しでも安く見せようとしていました。
しかし、創設者のひとりであるマッキニーは一切こうしたまやかしをせず、すべてを含めた価格を正々堂々と公示したのです。
ダッチウエストストーブを使いやすくする多くの特徴をすべて、オプションではなく「標準」として装備するストーブとして開発したのです。
この伝統は今もダッチウエストの中で守り続けられています。

※下の製品名や製品画像からは、ダッチウエストwebサイトの製品紹介ページへリンクしています。

フェラデルコンベクションヒーター スモールFA225

世界で初めてキャタリティックコンバスター(触媒)を搭載した高性能ストーブのパイオニア

アメリカの伝統建築をモチーフにした格式高いデザインのフェデラルコンベクションヒーター。
触媒を用いる「キャタリティック燃焼」を搭載したダッチウエストの代表的なストーブで、極めてクリーンな排気を実現しています。

ストーブ本体の表面には小石で打ったような独特な模様が施され、デザイン性だけではなく、表面積を増やして放熱面積を上げるのにも一役買っています。

最高出力 8,800Kcal/h
本体寸法 W560×D590×H750mm
最大薪長さ 48cm
価格 ¥350,000(消費税抜き本体価格)
フェラデルコンベクションヒーター スモールFA225

エンライト ミディアムFA248

最新の燃焼システム「リーンバーン燃焼」を採用した次世代ストーブ

触媒装置を使わずに高効率・低燃費を実現するために開発された「リーンバーン燃焼」を搭載しているのはエンライトだけ。サイズは3タイプで、カラーはクラシックブラックとバーモントナイトの2色です。

日本限定カラーのバーモントナイトは、塗料にコバルトが使われ、光のあたる角度によって青みがかって見えたり、黒く見えたりと移ろう色合いが魅力。
また、通常のホーローよりも堅牢で傷つきにくい優れた耐久性も備えています。

エンライトの暖房方式は、室内を理想的に暖める輻射と対流の複合式。鋳鉄製本体から放出される熱と、本体を二重構造にして設けた空気層から吹き出す熱風により、室内の隅々にまで暖かさが行き渡ります。

最高出力 13,100Kcal/h
本体寸法 W695×D640×H757mm
最大薪長さ 56cm
価格 ¥440,000(消費税抜き本体価格)
エンライト ミディアムFA248

エリート ミディアムFA150L

レイアウトの自由度が高く、広い天板で料理も楽しめる鋼板製薪ストーブ

エリートは、鋼板製薪ストーブの熱伝達が早いという特徴を生かしながら、燃焼室内に設けた耐火レンガによって高い蓄熱性を確保した薪ストーブ。ドアやレッグ、ストーブ上部のエアーガイドなど、部分的に鋳物を採用し、暖房効率を高めているのが特徴です。

室内の配置の自由度が高いのもエリートの大きな魅力。本体の両側面と背面がヒートシールドで覆われているため、住宅の壁までの離隔距離を小さくすることができるのです。

薪ストーブクッキングとの相性も良く、エアーガイドを外せば広々とした天板が現れ、スチーマーや煮込み料理等、複数の鍋・やかんを置くことができます。燃焼室の横幅も広いので、ピザ等のオーブン料理も楽しめます。 

最高出力 7,400Kcal/h
本体寸法 W730×D565×H770mm
最大薪長さ 51cm
価格 ¥320,000(消費税抜き本体価格)
エリート ミディアムFA150L